Browse By

M&A(エムアンドエー)とは

M&Aエムアンドエーとは、MergerandAcquisitionの略。Mergerは、合併、Acquisitionは取得(買収)の意。つまり、企業の合併や買収の総称である。企業の買収合併は年々増加傾向にあり、その目的は様々であると考えられる。新規市場の開拓であったり、国際競争力強化の為であったり、国内だけにとどまらず海外企業も視野にいれた企業買収も円高を背景に活発に行われている。上述だけを見ると大企業が行うものとイメージされがちであるが、日本国内においては中小企業においても活発に行われている。もちろんこちらも目的は様々であるが、近年その目的として増加傾向にあるのが後継者問題である。また、近年では実際のそれとは全く違うwebサイトの売買もM&Aという名称で呼ばれ、こちらも活発に行われている。ただし、こちらは企業合併や買収とは全く違う意味である。そのような中、近年のM&Aの増加傾向を後押しする形で法律的な整備も行われている。合併手続きの簡素化や株式交換制度の導入、合併等届出制度の簡略化などが行われた。企業は自身の成長を行う上でも効果的な手法として用い、中長期的なビジョンを達成する上でも必要な経営戦略の一環としていることから今後もこの流れは増える見込みである。

M&Aによる2種類の企業の合併

一昔の社会情勢と大きく異なる点の一つは、株式会社は変化し続ける力を求められるようになったという点です。かつては長期経営と長期雇用という二つの美徳から、むしろ変化を望まない体質の企業が多かったのですが、国際化社会が浸透するにつれ競争が激化していく現代において、その価値観は通用しなくなりました。そこで最近よく耳にするのがM&Aによる企業の合併です。これには2種類のパターンがあり、それぞれが独自の意味を持った経営の重要な選択肢となっています。一つ目は、吸収合併と呼ばれています。平たく言えば、企業が他社を買い取り、わがものとする方法です。いわゆるM&Aによる企業の合併といわれる事例のほとんどがこれに当たります。買われる企業にとってそれは苦肉の策であることが多く、また買う側にとっては非常にアクティブな他社競合に対する戦略となります。もう一つは新設合併といいます。これは集まった企業が一度解散し、新たな組織を一から設立するパターンになります。しかし新設する際の手続きの複雑さなどの理由から、かなりまれなケースです。いずれにしても経営をかけた最終手段の一つとしては、重要な一手であることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*