Browse By

M&Aによる吸収合併の生み出すメリット

国際化社会と言われだしてからというもの、日本の企業が直面する社会情勢は一層厳しいものになりました。他国からの技術や製品が流通するようになり企業間での競争は激化しています。そうした状況において、M&Aによる吸収合併というのは一つの新しい経営の選択肢であり、多くの企業にメリットをもたらします。吸収合併が起こる際、片方の企業は原則として消滅することになります。つまり、買う側と買われる側に分かれるわけです。これはある意味勝者と敗者の線引きとも取れますが、買われる側も当然メリットがあります。買収される時点ですでに競争力がなくなっているはずですから、以前の不安定な経営のままでいるよりは、より大きな基盤を持った組織の一部となるほうが、未来は明るくなるでしょう。買う側は、もちろん経済的な利益を得ることになります。設備や人材など、他社が所有していた多くの資産を引き継ぐことになりますから、短期間に飛躍的な成長が見込めるようになります。また、市場シェアを一気に広げることもできるので、M&Aは非常に積極的な手段といえるでしょう。合併の選択肢は、すべての企業が持つ経営における重要な選択肢です。企業にとって最善の道を選ぶためにも、このメリットは知っておくべきでしょう。

M&Aは合併がより効果的である

長期に渡るデフレ不況経済が続く日本は、中国やアジアの急速な経済発展を横目で見ながら、黄昏を迎えたのではと揶揄されるまでに凋落傾向にあります。しかし、各日本企業は規模では適わないものの、それぞれが特徴ある製品作りには抜きんでた技術力があり、今後どうビジネスとしてグローバル化に対応するかが、その課題とも言えるのです。その方策として良く挙げられるのが、M&Aであり、企業合併なのです。その意味は正に異なる企業が、新たに一つの新しい企業として生まれ変わる手法なのです。これには吸収型と対等型の二つに大別されますが、合併相手同志の企業規模に差が大きければ前者になり、有意差が無い場合や対等の事業形態を維持したい場合は後者になるのです。一般的に、事業統合のM&Aに比べると、会社全体を一つにする荒療治でもあり、その効果はそれぞれの企業が持つ文化の統合にまで及ぶために、効果は大きいと言われています。特に、人事や経理といった共通部門や研究開発の分野での合理化効果も大きく期待できますし、給与や福利といった人事諸条件も統一出来るので、新会社の一体感では事業統合のみの場合に比べると、非常に大きな効果が得られるとも言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*