Browse By

M&Aについて、合併のつぎは買収を理解しよう

M&Aつまりは「合併と買収」の違いを簡単に説明すると、前者は2つ以上の会社が1つの会社になることで、後者は1つの会社が眼つの会社の議決権株式の過半数を買い取り、また事業部門の資産を買い取ることです。それでは、M&Aのうち買収について詳しく見ていきましょう。買収は、一方の会社が他方の会社を支配するために株式を買い取ってしまうことです。「X社がY社をoo円で買収する」と言い方でニュースなどで報じられますが、この場合はY社はそのまま存続することになります。それまでY社の株式を持っていた株主から、X社がY社の株を買い取るということです。つまりは、Y社のオーナーになるということです。しかし、Y社は残るものの、その買収する株式を発行している株式の総数のどのぐらいの割合で買うかによって、X社がY社に対する支配力が決定します。ここでお金でY社株を買う場合は、従来から認められている金銭による買収ですが、お金の代わりに株式交換(X社株をY社の株主に与えるかたちになります)による買収もあります。これまでの場合であれば、Y社は存在しますが、買収後にX社はグループ再編などで、元々X社の子会社だった会社とY社を合併させ、Y社が消滅するケースも考えられます。買収した時点で、X社はY社の経営権を手にしたこととなるので、その後はX社の思惑どおりとなります。

M&Aでの合併は市場原理

M&Aでの合併は市場原理とも呼べるものです。こうしたM&Aで合併していくことは、必然的なことであるということが言えます。こうした合併を行っていくことは、現在の市場や業界を見ても当然のことであるということが言えるものです。効率的な経営を行っていくことにおいて、とても重要なことです。買収をすることによって、多くの企業が合理化の道を進んでいます。買収をする、買収をされるということは事業を存続させていくということにおいても、大切なことです。しっかりと、こうしたことを行っていくことによって、経済危機のような大きな難局を乗り切った会社はたくさんあります。金融機関などが仲介することによって、上手く話がまとまるということも多々あります。企業はお互いに資本提携を結んでいくことによって、財務を安定化させていくことが出来ます。企業を経営していくことにおいて、こうした買収に対する心構えは必要なものになっています。特に上場を果たしているような大きな会社であれば、いつでも買収される可能性がありますし、色々な対策を講じている企業もたくさんあります。こうした買収には敵対的なものや、友好的なもの、統合が目的のものなど色々なものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*