Browse By

M&Aとは企業の合併のこと

M&Aと言う言葉が一時期流行したことがあります。実際にその時期にはM&Aがたくさん行われていました。もちろん、今でも行われていますが、当時はそのこと自体が珍しいことでしたし、大々的に行った人がいたので、それをテレビが取り上げたので、一般に周知されたわけです。しかし、実際にどのようなことをしているのか、と言うことを知っている人はあまりいないことでしょう。経済、経営のことを知っていればかなり詳しいかもしれませんが、大半の人はそうしたことに殆ど縁がないでしょう。要するに、物凄く簡単に言えば、企業の合併、回収のことを言います。企業の合併の方法には色々と方法があるのですが、最も効率が良いのが株式を購入することです。株式は公開されている以上、誰でも購入することができます。そして過半数以上の株を持っていれば、経営権を握ることが出来ます。この経営権を握る為に株式を購入することをM&Aというのです。実際に経営権を握って経営することもありますし、自社と統合させることもあります。完全子会社化させることもあります。様々な場合がありますので、一概には言えませんが、方法としては同じで、基本的に株式を購入することから始まるのです。M&Aによる企業の合併とその後いつの時代も経済界は激動の一言です。国際化社会といわれるようになってから、企業間での競争はより激化し、一部では淘汰される業界も出てきています。その社会情勢の中で、電大においてはM&Aによる企業の合併が頻繁に行われるようになってきました。かつての他社が一つになる際、どんなことが起こるのでしょうか。まず、M&Aが行われた場合、一般的なケースだと買う側の企業と買われる側の企業とに分かれます。もちろん合併後は、買う側の力が圧倒的に強く、買収を受けた側の企業に属する社員は不利な立場にいます。しかし多くの場合、買われる側の企業はすでに競争していく体力がなくなっていることが多いので、逆に大きな組織の一部となるほうが安全なケースも多々あります。組織としては、もともと多数の企業が集まって一つになることから、経営の効率化が望めます。内部的な管理体制を統一し、一つの管理組織のもとでより大きな力を扱うことになります。また、多くは同業者間で行われるため、同業企業の合併は一気に市場を独占するきっかけになるでしょう。株式会社は変化し続けることが必要な時代となってきました。その中で、合併というのは一つの重要な選択肢であることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*