Browse By

日本の企業の合併とM&Aの歴史について

日本の企業の合併とM&Aの歴史については、最近では非常に認知されてきましたが、インターネットの企業が成長してくる中で、数年前に大きな話題となりました。その代表的な例としては、ファンドを運用している人物が株主総会で提案を行うなどして企業の価値向上を求めるなど、大きな力を持っていた時期であり、企業の合併によって大きな企業規模になっていく中で、そういった問題も起こりました。印象的であったM&Aの案件としては、放送局をインターネットの関連企業が買収提案するといったことがあり、その際には多くの注目を集めました。その背景としては、大株主であって権利を有しているにもかかわらず、株価が安価であるため、その企業を買収することによって、企業への影響力を持つことができるという構図にあったということです。そういった制度的な隙間を活用することで、大きな影響力を持つことができることが背景として挙げられるため、こういった構造を解消するためにも、企業グループとして上場することによって、企業グループ全体としての時価総額によって、前述のような逆転現象を避ける事につながり、健全な企業の発展と経営の安定化につなげていくことができます。

M&Aは合併の意味が方法によって変わります

M&AとはMERGERSANDACQUISITIONSの略で合併と買収という意味です。これは法的手続きで、異なる2社以上の会社が1社となることで通常、単独経営による財務が健全な場合、合併されるということは少なく、資本の大きいA社が小さいB社を吸収するような場合が多く、小さいB社は事業そのものを継続していく上で、すべての事業をA社に譲渡し自社は解散となります。この場合B社株式は上場廃止となり、A社の新株として変わり、復活しますがこの場合、合併比率がA社のほうが高くなるので、株の価格が前より目減りすることがありますが、万が一、買収する会社が現れなかった場合、倒産する可能性があり、そうなれば株式自体が無用化となってしまうので、比率が低くても、新株として戻ることは不幸中の幸いといえるでしょう。これはB社の株主が残余財産の分配で得た譲渡対価相当額をもって元の株が新株に変わり引き受けることができるということになります。このM&Aには色々な方法があり、他の企業を助けて完全子会社化する方法や業界シェア獲得のために敵対的であること、互いの会社の存続と安定した経営を目指す事業統合、とその場面でずいぶん解釈が変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*